Pocket

会社・職場を良くするコーチング:エフィカシーは成功への武器

中長期的に仕事のパフォーマンスを上げるためには、高いエフィカシー(自己効力感)がどうしても必要です。  

エフィカシーとは能力に対する自己評価のことで、高いエフィカシーを持っていれば自分自身のことを
  自分ならば出来る!
と信頼していることを意味します。

明確な目標を持ち、高いエフィカシーがあれば人は目標に向かって自動的に行動します。
ところが、自分のエフィカシーがどの程度のレベルなのかは分かりにくいものです。

これは、ある会社のミドルマネージャーMさんとコーチングセッションをした際のお話です。

Mさんはセルフコーチングを続けていて、エフィカシーの大切さも理解していました。
有名大学を卒業し、順調に昇級したMさんは「私のエフィカシーは高い(ハイ・エフィカシー)」と思っていましたが、ここ一番の重要な決断が出来ず、積極的に行動が出来ないことが悩みでした。

そこで、私はMさんに「最近、寝ている時にはどのような夢を見ますか?」と尋ねてみました。
すると、「大学時代に単位を落としそうになって慌てた夢をよく見ます」とのこと。

そこでMさんには、
  無意識のレベルでハイ・エフィカシーとなることの大切さ
を説明し、その後はコーチングを通してエフィカシーを高めることに専念しました。

その後、ハイエフィカシーを手に入れたMさんはリスクを取った行動によって大きな業績を上げるようになりました。

実は、夢は無意識下の自己認識に強く影響されています

夢の中で感じる感情は不安や怒りなどで70%と言われるほど否定的です。
しかし、エフィカシーを高めていくと肯定的な感情を夢の中で感じる比率が確実に増えてきます。
そして、積極的な思考パターンが自動的に完成して行くのです。
夢の中での行動も積極的・生産的なものに変化して行く頃には、実際の行動パターンも生産的に変化・成長するのです。

睡眠中に見ている夢は、無意識下に隠れているエフィカシーの測定するリトマス試験紙の役割を果たします。

高いエフィカシーを持つことで、生産性を高めることができます。
それは、トレーニングによって実現可能です。

最初はつかみ所のないエフィカシーと言う感情ですが、しっかりと認知することはできますし、行動の成果や振る舞い方を見ることで測定が可能となるのです。

うつみ まさき
コーポレート・コーチ
(株)イノベーション・ラボラトリ
http://innovation-labo.com/
〒170-6045 東京都豊島区東池袋3−1−1 サンシャイン60 45階
~無料の個別相談をホームページから受け付けています~