Pocket

1000万円の貯金の仕方。そして、問題メンバーの指導テクニック
【習慣、定着、成功、コーチング】

慣れ親しんだ習慣を変えることは難しいものです。

 個人の問題としては、禁酒・禁煙・ダイエットに失敗する人は少なくありません。
 組織の中で、新しい仕事の仕方を定着させることも大変です。
  今までのやり方でなぜダメなのかと多くのメンバーが感じています。

  <<<では、どうすれば新しい自分のあり方・新しいチームの習慣を
   身につけることができるでしょうか?>>>

 コーポレート・コーチとしての私のアプローチをご紹介します。

~~~

投資情報のWebサイト投信1に

 年収350万円からできる1000万円貯金は「4つのルール」でうまくいく!
  (http://www.toushin-1.jp/articles/-/5792)

と言う記事が掲載されていました。

 「お金を貯めたいと思っても、成果が出ずに挫折してしまう人」のための記事です。
 まずは1000万円の貯金を目指すと言う内容です。

記事で紹介されているルールは4つあります。

 ルール1 「モノの役割」を考えて買い物をする
  自分が必要なものの機能や役割を考え、それにふさわしいものを買う。
  単に「ほしいと思ったもの」を買ってはいけない。
  役割が重複するものを買うことは無駄遣いなので、その場合は買わない。

 ルール2 予算管理をきちんとすること
  使えるお金の金額を決め、その中で納める計画を作る。
  現在、どの程度のお金を使っているか、どの程度買い物ができるかを常に把握する。

 ルール3 「感覚と直感」での貯金・節約をやめる
  出費を記憶する。

 ルール4 お金のことを知ること
  貯蓄、投資などについて勉強し、行動する。

この4つのルールは常識的なものであり、新社会人などの若いみなさんを中心として参考になると思います。

********

この記事を書かれた方が意識をしていらっしゃるかどうかは分かりませんが、この4つのルールは(パーソナル)プロジェクトマネジメントの基本です。
  たとえば、
   『パーソナルプロジェクトマネジメント』
     冨永 章 (著) 日経BP社

 つまり、
  ・目標を定め
  ・必要な役割・機能を明確にし
  ・計画を作り
  ・進捗(進み方)を管理する
 のです。

プロジェクトマネジメントの知識は、貯蓄に限らず仕事や家事をする時には大変に役に立ちます。
 自分の習慣を変える際にも、他人(チーム)の習慣を変える際にも「参考になります」。
 ですから、これらの知識を学ぶことで問題が解決する(たとえば、順調に貯金ができる)のであれば全く問題ありません。

 プロジェクトマネジメントの知識は大変合理的に出来ています。

しかし残念なことにこのような有益な知識を持っているにも関わらず、それを有効に活用できない人が珍しくないことは「問題」です。

 いつの間にか面倒になり、「三日坊主」となってしまう人がいるのです。

********

では、どうすれば新しい習慣を身につけることができるでしょうか?

 その答えは、「当事者意識を持つ」です。

 では、どうすれば当事者意識を持つことが出来るでしょうか?
  それは、「自分にとってメリットがあると感じる」「喜びの感情を持つ」です。

  「明確な理由(目的意識)」が当事者意識を作ります。

 漠然とした目的意識では、定着している習慣は変わらないのです。
  「なんとなくお金を貯めたい」と言う思いでは習慣が定着しません。

~ 1000万円の貯金をする「理由」が当事者意識を作ります。 ~

 この方法論は、リーダーがメンバーをマネジメントする際にも参考になります。

 たとえば、「修正してほしい習慣」を持っているメンバーはみなさんの周囲にいませんか?
  ・規則通りに作業報告書を提出しない
  ・遅刻が多い
  ・会議に出てこない
 などの「習慣」を持つメンバーに是正指示をしても、簡単には是正されません。

 行動が修正されたと思っても、いつの間にかもとに戻ってしまうことも珍しくありません。

 上司などから頭ごなしに指示されたことには抵抗感を感じるものです。
   これは、「心理的リアクタンス」と呼ばれています

だからこそ、リーダーは相手のモチベーションにアクセスできるコミュニケーション能力を身につける意義があるのです。

 これは、(協調的)交渉術やコーチング技術を活用することで実現できるでしょう。
  また、自分のモチベーションにアクセスする技術は、セルフコーチングと呼ばれます。

 自分やメンバーの自律的なモチベーション(内発的動機)が新しい習慣を定着させます。
  強制では人の本質を変えることは出来ません。
   (私たちは自由な社会に生きています。)

 自分が変わりたいと思う「理由」が自分自身や周囲の人たちを成長させます。
  それが、成功へのスタートになるのです。

うつみ まさき
(内海 正樹)
コーポレート・コーチ
(株)イノベーション・ラボラトリ
http://innovation-labo.com/
〒170-6045 東京都豊島区東池袋3−1−1 サンシャイン60 45階
~無料の個別相談をホームページから受け付けています~