個人と組織の革新・改善。(株)イノベーション・ラボラトリは組織の未来作りをコーポレート・コーチングで支援します。

コンセプト

  • HOME »
  • コンセプト
Pocket

日本方式の行き詰まり

リーダシップイノベーションラボコンセプト日本企業は今や、大きな節目を迎えています。
戦後続いてきた高度経済成長、それから、そのあとの失われた20年。

そして、今、今まで培った体制自体が大きな変化を迎えているのです。

たとえば、資金調達、今までなら、銀行から借入をして資金調達をするのが当たり前だったのが、いわゆる投資という形での資金調達が、しかも金融機関を通さずにみずから調達するそういった流れができつつあります。
たとえば、クラウドファンディングなどもその先駆けかと思います。

すでに、銀行も察知しているように危機感を感じています。

もっというと金融を緩和すると景気がよくなり、金融を引き締めることでインフレを抑えるのようなコントロールができない状況になってきているのです。

いわゆる、「これをしていたら安心、これに合格したら絶対大丈夫」といった答えのない時代に本当になっているのです。
ガルブレイスがつたえた不確実性の時代がやってきたのです。

時代についていけない人間のメンタル

もっといえば、もともとそんな世の中は不確実性だったのですが、それが、人々の心に重くのしかかっているのです。
だから、今世間がいうのは、未来への不安だったりします。

それはある意味、今の時代や体制、価値観が円熟しており、それ自体の意味に終わりが来ているのかもしれません。

でも、人間も直感的にバカではなく、それを20年、いやもっと前から感知していたのです。
それを打破する体制だって自分たちで実は作っているのをご存知ですか、たとえばインターネット。

地域からグローバルを一気にすすめることに成功しました。

行き詰まりの日本経済体制イノベーションラボそんなオープンな時代であるにもかかわらず、今こんなに閉塞感、危機感、不安感がでているのか
それは、私たち自身が、自分をコントロールできなくなってしまっているのです。

つまり、たとえば、日本では、護送船団方式、赤信号みんなでわたればこわくないのように、決して人前にたたず、いわゆる一般論とか、世間ではをいれて無責任な行動や言動をする社会になっています。

会社でもなにかしがみついて生きていく。会社にいくことが勤めと勘違いして、元来、報酬をもらうための成果をコミットしないとかそんな人ばかりになって、いわゆる未来を創造したり、導いたりしてくれる人材ができていない。いや人材教育さえもできていないのだと思います。

時代を導くリーダーの育成

スポーツでは最近やっとここに気づき、選手たちのメンタルトレーニングなどを行うことで世界に負けない精神を宿した選手たちが活躍始めたということも最近だと思います。

ブレイクスルーコーチングイノベーションラボ私はそんなメンタルがつよい人材を育てることを目的にこのイノベーションラボを始めました。

そして、ヒーローシップとブレイクスルーコーチング手法で未来を導く人材を輩出していきます

お気軽にお問い合わせください TEL 03-5979-2321 受付時間 9:00 - 17:30 [ 土・日・祝日除く ]

  • twitter

イベント

無料個別相談実施中

現在、企業・団体・個人を対象とした課題明確化のための個別相談を無料で受け付けています。(解決策・ソリューション提案ではありません) お問い合わせフォームから申し込みください。

ブレイクスルーコーチングイノベーションラボ

最近の投稿

PAGETOP
Copyright © (株)イノベーションラボラトリ All Rights Reserved.